アイフルでは計画的な返済を心がけるようにしましょう

最高500万円までの融資をアイフルでは受けることができるのですが、その金利条件は融資額が大きくなればなるほど低下するという傾向があります。ただし初回申し込みの場合には信用が不十分であると判定されるため、100万円以上の借り入れが認められることは難しくなります。アイフルの場合には借入額が少なめであるため金利の負担はそれほど大きくありませんが、返済が長期化するとこれに伴って金利の負担も増加することになりますので、できるだけ早めの返済を行うことを心がけてください。また早期の返済を心がけることは信用の実績を積み上げるためにも効果的です。

 

口座振替による返済方法をおすすめします

 

アイフルでは口座振替、銀行振込、コンビニ払い(ローソン、ファミリーマート)、自社ATM、提携ATM、店頭窓口などの返済方法を利用することができるのですが、特に口座振替による返済方法がおすすめです。自分の好きな返済日か35日ごとの返済日のいずれかを選択することができますので、返済日を給料日直後にしておけば残高不足などによるトラブルを防ぐためにも役立ちます。

 

繰り上げ返済や一括返済などにはATMを利用した返済が便利です

 

提携するコンビニのATMやマルチメディア端末などを利用した場合には、その都度返済手数料が必要になります。手数料は利用する時間に関わらず、1万円以下の場合には108円、1万円超の場合には216円が必要です。注意をしないと利息以上に手数料が高額になってしまう場合などもありますので、普段は手数料無料で返済を行うことができる口座振替を利用することをおすすめします。返済の余裕があれば繰り上げ返済や一括返済などを、提携ATMを利用して行ってみてください。

 

アイフル自社ATMからの振込返済をお得に活用しましょう

 

アイフルの自社ATMや店舗などからの振込返済ならば、手数料などは一切かかりません。自宅などの近くにATMや店舗などがあるという人の場合には、手数料の負担を気にすることなく振込返済を行うことができるのです。ただしアイフルの自社ATMの数は500程度、また店舗数は25となっていますので、利用のしやすさについてはイマイチかもしれません。アイフルの利用を検討している人は、まずはアイフルの自社ATMや店舗などが自宅や勤務先の近くにあるかどうか、アイフル公式サイトなどを活用して確認してみてください。またアイフルはインターネットバンキングへの対応を行っていませんので、現在のところインターネットを利用した借り入れや返済などを利用することはできません。

 

月々の返済額を事前に確認しましょう

 

アイフルでは「残高スライド元利定額リボルビング方式」による返済方式を採用しています。借り入れ残高に応じて毎月の返済額が段階的に変動することになりますので、月々の返済額には注意が必要です。月々5万円の返済のつもりでいても、元本の返済が進むことで月々の返済額が3万円や1万円などに減少する場合があります。返済額が減少すると元本の返済がなかなか進まなくなりますので、月々の返済に余裕があれば繰り上げ返済などの積極的な活用を検討してみてください。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル