次のような項目に該当する場合にはアイフルの審査には通りにくくなります

これはアイフルだけに限ったことではありませんし、またクレジットカードの審査についてもあてはまるのですが、信用情報に大きな傷が付いてしまうとその後のカードローンの審査などに大きく影響してしまうことになります。一度信用情報が登録されてしまうとその後6ヶ月を経過するまでの間は記録が抹消されませんので、延滞などをしないようにくれぐれも注意をすることが必要になるのです。

 

  • 専業主婦の場合
  • 収入が年金給付のみの場合
  • 無職の場合
  • 居住の年数が短い場合
  • 勤続年数が短い場合
  • 勤務先の電話番号の入力にミスがあった場合
  • 税込みによる年収の額が不正確な場合
  • 他社借り入れの合計額が年収の3分の1近くである場合
  • 金融事故を起こした履歴がある場合
  • すでに3社以上の借り入れを利用しているという場合
  • 短期間に複数の借り入れを申し込んだ場合

 

これらの条件に一つでも該当するのであれば、アイフルへの申し込みは控えることをおすすめします。アイフルでは事前審査を利用することができますし、これを利用しても信用情報に影響を及ぼすことはありません。ただし本申し込みの与信審査に入ってしまうと信用情報機関に対して情報の照会が行われますし、さらに審査に落ちてしまった場合などには申し込みの履歴が登録されることになります。一度登録された情報は6ヶ月程度の間は抹消されませんので、くれぐれも注意をしてください。

 

「1秒診断」に通過できない場合には本審査に通過することは難しくなります

 

本審査に通過することができるかどうかを簡易的に診断するのが、アイフルの「1秒診断」です。基本的な情報を入力するだけで簡単に融資の可否を判別することができます。1秒診断では「年齢条件」「定期的な収入の有無」「他社借り入れの状況」に関する確認が行われます。具体的には「20歳以上69歳以下の定期的な収入のある人」で「他社借り入れの合計などが総量規制による制限に達していないこと」が必要です。アイフルの1秒診断は「アイフルの審査に通らない人」を事前に判別するためのシステムであり、時間や経費を省くことによるスピード審査を実現しています。

 

アイフルの審査に申し込む際には注意が必要です

 

アイフルの審査に申し込む際には、生年月日や名前などを正しく申告することが必要です。自分の生年月日や名前を間違えるわけがないと考えがちなのですが、実際には単純な入力ミスなどが原因で審査に落ちてしまうという人が意外と多いのです。特に初めて審査に申し込む場合などには、くれぐれもゆっくりと落ちついて入力を行うことを心がけるようにしてください。

 

年収の額は正しく申告しましょう

 

アイフルの審査では安定した収入の条件が重視されることになります。年収の額が多ければ借り入れ限度額の設定では有利になりますが、年収が少なくても審査には十分に通過することができます。アイフルではこれまでの顧客の利用状況に基づいた情報の蓄積を行っていますので、年収の額を過大に申告してもすぐにバレてしまうことになるのです。年収の額はくれぐれも正しく申告することを心がけてください。

 

他社借り入れについても正しく申告しましょう

 

他社借り入れを利用していると審査では不利になりますので、他社借り入れを隠したり申告をごまかしたりする人などもいるようです。審査では信用情報の照会が行われますので、嘘の申告はすぐにバレてしまいます。隠したりごまかしたりするとむしろ審査では心証が悪くなってしまいますので、他社借り入れについても正しく申告することを心がけるようにしましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル