パートやアルバイトや派遣社員でもアイフルに申し込むことができます

定期的な収入がある満20歳以上の人であれば、職種や勤務形態などを問わずアイフルに申し込むことができます。アイフルには気軽に申し込むとができるという大きなメリットがあるのですが、その日ごとに収入の違いがある日雇いや水商売などの場合には安定した収入の条件を満たすことができませんので、審査に通過することが難しくなります。ただしその他の属性条件などが良好であれば、審査に通過することができる場合などもあるようです。

 

アイフルではスコアリングによる審査が行われます

 

アイフルでは申込者の職種、年収、借り入れ状況、家族構成、居住形態、年齢などの様々な条件を総合的に判断することにより融資の可否を決定しています。それぞれの項目を数値化してその合計により判断が行われますので、属性項目の一部に問題があってもその他の項目が良好であれば審査に通過できる可能性が高くなるのです。それぞれの項目について申込書に記入する際には、できるだけ数値が良好になるように慎重に記入をすることを心がけてください。

 

申込書に記入をする際には慎重に行うようにしましょう

 

例えば携帯電話の番号だけを記入して固定電話の番号を記入しなかったり、また住所などの情報に記入ミスがあったり、さらに審査を有利にしようとして他社借り入れを2件利用しているのに0件と申請したりすると、いずれも審査の際にはマイナスに評価されることになります。特に虚偽情報の記載には注意が必要です。信用を失って審査に通ることが難しくなりますので、正確で正しい情報を記入することを心がけるようにしてください。基本的な審査はコンピューターにより機械的に行われますが、最終審査は人の目により丁寧に行われますので、申し込みの内容に不自然な部分があればすぐにわかってしまうことになります。

 

審査の際には信用情報の照会が行われます

 

アイフルの審査では個人信用情報機関に対する情報の照会が行われますので、カードローンなどの利用履歴については全てを知られてしまうことになります。またその他のカードローンやクレジットカードなどに申し込みをした際の履歴なども確認することができますので、特に短期間の間に複数の申し込みを行うことに対しては注意が必要です。「お金に困っているのではないか?」と疑われてしまうことになりますので、審査に通過することが難しくなってしまうのです。また申し込みの件数には各カードローン会社が提供している「お試し審査」がカウントされる場合などがありますので、くれぐれも慎重に判断するようにしましょう。

 

ブラックになってしまうとアイフルを利用することが難しくなります

 

過去にカードローンやクレジットカードなどの延滞をした履歴があるという人の場合には、その他の属性が良好であっても審査に通過することは難しくなります。延滞などをしてしまうとその履歴が信用情報機関に6ヶ月程度登録されることになりますので、半年程度の間隔を開けて履歴が抹消されてから申し込むようにしてください。また延滞期間が3ヶ月以上の長期となる場合や自己破産などの債務整理を行った場合には、その後5年〜10年程度はいずれの金融機関に申し込んでも審査に通過することができない「ブラックリスト」状態になってしまいます。アイフルの審査に通過するためには信用情報が重要になりますので、延滞などをしないようにしっかりと注意をすることが必要になります。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル