アイフルを低金利で利用するためには

現在は多くの消費者金融が銀行グループ傘下となっています。例えばアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの一員となっていますし、またプロミスは三井住友フィナンシャルグループの一員となっているのです。そんな中でいずれの銀行グループにも属さず、独自の立場で営業を行っているのがアイフルです。アイフルは各種の充実したサービスで高い人気を集めています。

 

アイフルの金利は平均的です

 

4.5%〜18.0%の金利がアイフルには適用されます。この金利は消費者金融としては平均的なものだといえるでしょう。アイフルに初めて申し込む場合には上限金利が適用されることになりますので、18.0%の利率で利用することになるのです。ちなみにプロミスの場合には上限金利は17.8%となっていますので、わずかですがプロミスの方がお得になります。また銀行系カードローンを選択すれば消費者金融系カードローンよりもさらに低金利で利用することができるのですが、その分審査が厳しく行われるため実際に利用できる人は限られてしまうかもしれません。

 

アイフルの利用限度額について

 

アイフルの利用限度額は最大で500万円です。一般的な消費者金融の利用限度額は最大で300万円〜500万円となりますので、アイフルの利用限度額は消費者金融としては大きめになります。ただしアイフルに申し込んでもいきなり大きな金額の借り入れが認められることは難しいようです。初めての申し込みでは利用限度額は最大でも50万円程度までになりますし、ほとんどの人の場合には10万円から20万円程度の利用限度額で利用を開始することになるようです。

 

利用限度額の増額を申し込むことができます

 

アイフルに初めて申し込んだ場合には、少額の利用限度額が設定されることが多くなります。利用限度額に不足を感じる人などもいるかもしれませんが、そのような場合であってもその後利用限度額の増額が認められる場合がありますので、希望する人は積極的に申し込んでみてください。ただし実際に利用限度額の増額が認められるためには、審査を受けてこれに通過することが必要です。

 

利用額限度額の増額には一定の利用履歴が必要です

 

利用限度額の増額が認められるためには、一定の利用履歴が必要になります。具体的には借り入れや返済を一定期間以上利用した履歴があり、さらに延滞などの履歴がないということが条件となるのです。アイフルの契約をしてから一度も借り入れを利用していないという人の場合には、利用限度額の増額が認められることはありません。これは利用の実績がゼロであるため、確実な返済が可能かどうかの判断ができないことが理由となっています。また利用限度額の増額を申し込む際にはその時点における年収を申告する必要があるのですが、この時に前回の申し込み時よりも年収が増えていれば審査では有利になるのですが、前回同様の年収の額だと審査に通過することは難しいということになります。アイフルへの利用限度額増額の申請は、インターネットの会員サービスメニューまたはATMから行ってください。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル