アイフルに初めて申し込む場合には限度額は低めに設定されます

アイフルに初めて申し込むと、借り入れ限度額の設定が行われます。借り入れ限度額については総量規制により最大でも年収の3分の1までに限られますので、実際に認められた借り入れ限度額を見て「思ったより少ないな」などと感じる人もいるかもしれません。初めての借り入れ限度額は10万円刻みで、10万円〜50万円の範囲内で設定されることになります。総量規制では借り入れの限度額を年収の3分の1までとしているのですが、これはあくまでも最大限度額ですから必ず認められるというわけではありません。特に初めて借り入れに申し込むという人の場合にはこれまでの利用実績を確認することができないため、貸し倒れのリスクを考えて少なめの借りれ限度額が設定されることが一般的なのです。

 

アイフルの極度額は最大500万円です

 

アイフルの公式ホームページを確認すると、アイフルの極度額は500万円となっています。これはアイフルで借り入れができる最大限度額の目安が500万円だということなのです。年収や個人属性などが優れた人の場合であっても、アイフルで借り入れが認められるのは最大で500万円になります。ただし極度額である500万円の借り入れが認められるためには全ての条件を完璧に満たすことが必要であり、実際には極度額の半分である250万円であっても借り入れが認められることは難しいようです。アイフルに初めて申し込んだ人の場合には、利用限度額は10万円〜50万円程度に設定されます。またそれ以上の金額を借り入れるためには、収入証明書の提出などが必要になるかもしれません。

 

確実な返済の履歴を積み重ねるようにしましょう

 

一度設定された利用限度額については、その後増額を申請することが可能です。増額の申請が認められるためには確実な返済の履歴を重ねることが重要になります。アイフルからの信用を獲得することができれば利用限度額の増額が認められることになりますので、まずは確実な返済を心がけることが大切です。また過去に延滞などの履歴があると増額が認められる可能性は低くなります。少なくとも半年程度の間は、利用限度額増額の申請を控えるようにしましょう。

キャッシング詳細


アイフルのおすすめポイント


キャッシング 実質年率 融資枠 無利息期間
アイフル 4.5%〜18.0% 500万円 なし

アイフル